KeyMolnetを利用した論文・学会発表

KeyMolnet を利用した論文や学会発表の一部をご紹介します。

論文・書籍

 

  • Involvement of resistin-like molecule β in the development of methionine-choline deficient diet-induced non-alcoholic steatohepatitis in mice.(Sci Rep. 2016 Jan 28;6:20157.)

 

 

  • A Comprehensive Profile of ChIP-Seq-Based Olig2 Target Genes in Motor Neuron Progenitor Cells Suggests the Possible Involvement of Olig2 in the Pathogenesis of Amyotrophic Lateral Sclerosis.(J Cent Nerv Syst Dis. 2015 May 18;7:1-14.)

 

  • Pin1 Inhibitor Juglone Exerts Anti-Oncogenic Effects on LNCaP and DU145 Cells despite the Patterns of Gene Regulation by Pin1 Differing between These Cell Lines.(PLoS One. 2015 Jun 3;10(6):e0127467.)

 

 

  • The Hippo pathway controls a switch between retinal progenitor cell proliferation and photoreceptor cell differentiation in zebrafish.(PLoS One. 2014 May 14;9(5):e97365.)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 放射線に対する生体の"確率的"応答-遺伝子発現の網羅的解析(科学 Oct. 2012 Vol.82 No10 )

 

  • Oral Administration of N-acetyl Glucosamine Alters the mRNA Expression Profile of Hyaluronan-Related Genes in Mouse Skin.(Chitin and Chitosan Research Vol. 18, No. 1, pp. 14-24, 2012)

 

 

 

  • Integrated clinical, pathologic, virologic, and transcriptomic analysis of H5N1 influenza virus-induced viral pneumonia in the rhesus macaque.(J Virol. 2012 Jun;86(11):6055-66.)

 

  • Molecular network profiling of U373MG human glioblastoma cells following induction of apoptosis by novel marine-derived anti-cancer 1,2,3,4-tetrahydroisoquinoline alkaloids.(Cancer Cell Int. 2012 Apr 11;12(1):14.)

 

 

  • Commonality and Stochasticity in Systems Toxicology (Handbook of Systems Toxicology:p28)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • Biological interpretation in oligonucleotide array sequence analysis based on molecular networks. In: Columbus F, editor. Oligonucleotide Array Sequence Analysis. Chapter 7, pp. 209-243, New York, Nova Science Publishers, Inc., 2008.

学会

  • 複数の網羅解析データを利用した分子ネットワーク解析-生命情報統合プラットフォームKeyMolnetを用いて- (BMB2015)

 

  • Molecular targeted therapy of oral squamous cell carcinoma targeting HSP90 (22nd International Conference on Oral & Maxillofacial Surgery)

 

  • 網羅的数値データを用いた疾患特異的パスウェイ解析-生命情報統合プラットフォームKeyMolnetを用いて- (第9回メタボロームシンポジウム)

 

  • 複数の網羅解析データを利⽤した分⼦ネットワーク解析 -⽣命情報統合プラットフォームKeyMolnet を⽤いて- (日本プロテオーム学会2015年大会)

 

  • 融合プロテオミクスの統合ソフトウェアiPEACH によるグリオーマ幹細胞の維持と分化に関わるネットワーク解析 (日本プロテオーム学会2015年大会)

 

  • リン酸化プロテオームデータを用いた疾患メカニズム解析 - 生命情報統合プラットフォームKeyMolnetを用いて- (第37回日本分子生物学会年会)

 

  • 融合プロテオミクスによる疾患メカニズム解析と標的分子群の検出~がん幹細胞の特異的分子群の解析例から~ (日本プロテオーム学会2014年大会)

 

  • 融合プロテオミクスによる神経系腫瘍の細胞内特異的タンパク質の解析 (日本プロテオーム学会2014年大会)

 

  • 網羅解析データを用いた疾患メカニズム解析-生命情報統合プラットフォームKeyMolnetを用いて- (日本プロテオーム学会2014年大会)

 

  • Molecular Network of ChIP-Seq-Based EBNA1-Target Cellular Genes Supports Biological Implications of EBV Persistence in Multiple Sclerosis (第66回米国神経学会議)

 

  • 生体内低分子、mRNAなどの網羅解析データを用いた疾患バイオマーカー探索-生命情報統合プラットフォームKeyMolnetを用いて- (第36回日本分子生物学会年会)

 

  • An Integrated Proteomics for Extracting Molecular Target of Malignant Gliomas (HUPO 2013)

 

  • Integrated Proteomics for the Study of Metastatic Human Tongue Cancer Development in a Heterogeneous Microenvironment (HUPO 2013)

 

  • Difference in regulation of benzene-induced gene expression between C57BL/6 and C3H/He (第35回日本分子生物学会年会)

 

  • 炭素線特異的な放射線応答分子ネットワークの探索 (第35回日本分子生物学会年会)

 

  • 機能アノテーションパイプラインによる非モデル生物種の遺伝子解析 ―カイコガ変異体の疾患モデル研究への応用― (第35回日本分子生物学会年会)

 

  • 次世代シークエンサーデータを用いた疾患メカニズム解析 -生命情報統合プラットフォームKeyMolnetを用いて- (第35回日本分子生物学会年会)

 

  • ベンゼン誘発白血病頻度の異なるC57BL/6とC3H/Heのベンゼン曝露後の骨髄細胞による発現遺伝子の系統差(第71回日本癌学会学術総会)

 

  • カイコのトランスクリプトーム解析(岡大植物研共同研究拠点ワークショップ『Agilentマイクロアレイ基盤の整備とマイクロアレイ実験の展望(2)』)

 

  • 融合プロテオミクスによる神経線維腫症1型(NF1)関連因子TCTPの同定と、治療標的としての機能解析(日本プロテオーム学会2012年大会)

 

  • 融合プロテオミクスによるがん幹細胞の分化誘導メカニズムの解析(日本プロテオーム学会2012年大会)

 

  • A comparison of microarray gene expressions at leukemogenic doses between ionizing radiation and benzene exposure (第34回日本分子生物学会年会)

 

  • 網羅的数値データを用いた疾患特異的パスウェイ解析-生命情報統合プラットフォームKeyMolnetを用いて- (第34回日本分子生物学会年会) 発表内容PDFはこちら

 

  • 融合プロテオミクスによるグリオーマの化学療法予後予測分子ネットワークの解析 (第70回日本癌学会学術総会.)

 

  • N-アセチルグルコサミンが骨芽・破骨細胞に与える影響(第25回キチン・キトサンシンポジウム)

 

  • グルコサミンの摂取がマウス長管骨の骨密度に与える影響(第24回キチン・キトサンシンポジウム)

 

  • ベンゼンの造血障害に対する造血幹・前駆細胞特異的な多環芳香族炭化水素受容体の関与と骨髄特異的異物代謝 (第70回日本癌学会学術総会)

 

  • マイクロアレイによる幹細胞及びがん細胞の発現遺伝子解析 (第70回日本癌学会学術総会)

 

  • ER陽性エストロゲン枯渇耐性乳癌細胞株におけるエストロゲン非依存的増殖メカニズム (第19回日本乳癌学会学術総会)

 

  • 融合プロテオミクスによるNF1腫瘍抑制タンパク質の神経系細胞内発現抑制を介した異常シグナル分子群の解析 (日本プロテオーム学会2011年大会)

 

  • 網羅的発現データ解析によるバイオマーカー探索 -生命情報統合プラットフォームKeyMolnetを用いて- (BMB2010) 発表内容PDFはこちら

 

  • Commonality and stochasticity in gene expression profiles during aging process (BMB2010)

 

  • 融合プロテオミクスによるNF1腫瘍抑制タンパク質の神経系細胞内発現抑制による異常シグナルの解析 (BMB2010)

 

  • Expression profiles of miRNA in A549 cell line exposed to carbon ion irradiation (BMB2010)

 

  • ヘテロな細胞集団におけるHIFシグナル伝達を介した転移性癌細胞の発育機構の解明 (第69回 日本癌学会学術総会)

 

  • エストロゲン枯渇耐性乳癌細胞株におけるリガンド非依存的なER活性化の新たなメカニズム (第69回 日本癌学会学術総会)

 

  • Diversity of Acquring Estrogen Deprivation-Resistance in ERE-GFP Transfected MCF-7 cells (Sixth International Symposium on Hormonal Oncogenesis)

 

  • 統合プロテオミクスによる抗がん剤感受性に関わる腫瘍細胞内活性化シグナルの解析(日本ヒトプロテオーム機構第8回大会、第6回日本臨床プロテオーム研究会連合大会, 2010)

 

  • STRAIN DIFFERENCES OF THE EFFECT OF BENZENE EXPOSURE: MICROARRAY STUDY OF THE BONE MARROW IN C57BL/6 AND C3H/HE MICE(The XII International Congress of Toxicology, 2010)

 

  • FUNCTIONAL PREDICTION ANALYSIS BASED ON GLOBAL GENE EXPRESSION BY USING NRF2 KNOCKOUT MOUSE LIVER EXPOSED TO TCDD(The XII International Congress of Toxicology, 2010)

 

  • 放射線治療分割照射子宮頸がん生検材料におけるFGF2発現変化(第32回日本分子生物学会年会)

 

  • 子宮頸癌における分子診断マーカー、EpCAM(第32回日本分子生物学会年会)

 

  • Molecular mechanisms of anti-cancer activity of bisphosphonates(第32回日本分子生物学会年会)

 

  • microRNA 解析に基づく疾患メカニズム予測-生命情報統合プラットフォームKeyMolnet を用いて-(第32回日本分子生物学会年会)発表内容PDFはこちら

 

  • エストロゲン受容体の恒常的活性化を呈するエストロゲン枯渇耐性乳癌細胞株の樹立(第17回 日本ステロイドホルモン学会)発表内容PDFはこちら

 

  • Comprehensive gene expression analysis of melanoma B16 cells that Hgs expression level changed metastasis activity (The 67th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, 2008)

 

  • Functionally distinct roles of each member of the resistin family in insulin resistance and atherosclerosis (68th American Diabetes Association Scientific Sessions, 2008)

 

  • 生体調節分子としてのグルコサミン(第4回グルコサミン研究会, 2008)

 

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー患者におけるoxandrolone の分子機序:KeyMolnet による解析 (日本薬学会第128年会, 2008)

 

  • UPR阻害剤を用いたがん細胞における遺伝子発現解析(第66回日本癌学会学術総会, 2007)

 

  • Effect on tumor cells of selective inhibitor of ER stress response (The Joint Meeting of The 3rd ISC International Conference on Cancer Therapeutics and The 11th International Symposium on Cancer Chemotherapy, 2006) 発表内容PDFはこちら